2005年10月07日

新しい私〜ダイヤモンドの恋〜

最終週

やっと 麗子(浅野温子)と量平(吉田栄作)が

恋愛モードに入りましたね。

びっくりしたのは、浅野温子さんですよ。

最初の頃は、老けたな〜という印象が強くて、

ちょっと、がっかりしてたんですけど、

実は、更年期で疲れた女性を演じていただけだったんですね。

今週、恋愛モードに入った途端、

若々しく、とっても綺麗で、

正に、恋する女でした。

やっぱり、浅野温子さんっていいですね。

キスシーンも流石って感じです。


 
更年期に怯え、戸惑っていた麗子が、

更年期と向き合い、認めて、

更年期と上手く付き合っていくことで、

人間として成長しながら、

新しい恋に出会う。

大変勉強になる、いいドラマでした。
posted by dramadaisuki at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイヤモンドの恋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

あいのうた〜イントロ〜

10月12日スタート

毎週水曜 (22:00〜22:54)(初回は、22:00〜23:09)

日本テレビ系




性格ブスで不幸オーラ全開の洋子(菅野美穂)が、

史上最高のお人好しな優二(玉置浩二)に出会い、

人間として成長していく姿を描いたラブストーリー。

玉置さんは「こんな恋のはなし」(1997年 フジテレビ系)

以来の民放連続ドラマ出演ですよ。

役者としての玉置さんが大好きなのでとっても楽しみです。



   洋子・・・菅野美穂
  
 片岡優二・・・玉置浩二
 
        成宮寛貴

        岸田今日子
  
        小日向文世

        和久井映見



 脚本は、 「ちゅらさん」「ホームドラマ!」の 岡田恵和


 主題歌は、  玉置浩二   「プレゼント」



公式ホームページはこちらから


とっても好きなドラマの1つです。

修一郎役の真田広之さんに恋する

香織役の松嶋菜々子ちゃんがものすごく可愛いです。

DVDが見つかったらお知らせします。残念!
posted by dramadaisuki at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | あいのうた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恋の時間〜イントロ〜

10月23日スタート

毎週日曜 21:00〜21:54

TBSテレビ系




41歳の「独身キャリアウーマン」の姉と

35歳の「平凡だが幸せな主婦」の妹。

性格も生活も対照的な二人の“姉妹”が織りなす、

美しくも切ない大人の恋の物語を描く。




北見雪枝・・・黒木 瞳

早川香里・・・大塚寧々

山田昌男・・・宮迫博之

谷本耕平・・・大森南朋

安部まゆみ・・・西田尚美

塩田悟志・・・伊原剛志

マスター・・・泉谷しげる

北見房子・・・八千草薫



脚本は、「優しい時間」「恋を何年休んでますか」の吉田紀子



公式ホームページはこちらから
posted by dramadaisuki at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋の時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月03日

鬼嫁日記〜イントロ〜

10月11日スタート

毎週火曜 22:00〜22:54(初回は22:10〜23:14)

フジテレビ系


10万部以上を売り上げたブログ本 「実録鬼嫁日記」をドラマ化。

3人の鬼嫁とその虐げられる夫達の日常を描く。

笑って泣ける本音のホームドラマ。

「アットホーム・ダッド」の街が舞台になるそうです。お楽しみに!

 山崎早苗 ・・・観月ありさ

 山崎一馬 ・・・ゴリ(ガレッジセール)

 大沢健児 ・・・永井大

 大沢冴子 ・・・滝沢沙織

 沢村亮介 ・・・小池徹平

 村井あゆみ・・・井上和香

 村井達也 ・・・東幹久


 脚本 は、「アットホーム・ダッド」「 恋は戦い!」の尾崎将也
 
 原作 は、 カズマ 「実録鬼嫁日記」(アメーバブックス刊)


 主題歌   中ノ森BAND  「Oh My Darlin'」(Imperial Records)

 挿入歌   Fayray   「Spotlight」(R and C Ltd.)


公式ホームページはこちらから
posted by dramadaisuki at 19:43| Comment(0) | TrackBack(1) | 鬼嫁日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月02日

「セカンド・チャンス」放映決定!

関東地区のTBSをご覧になっている方にお知らせです。

10月4日火曜日14:00〜

あの「セカンド・チャンス」再放送が始まります。

田中美佐子が帰ってくる前祝い(前宣伝)です。

懐かしいと思う人も、初めて見る人も、

みんなで見よう!

 脚本:小松江里子 

 演出:土井裕泰
 
 出演:田中美佐子

    赤井英和

    堂本剛

    黒田勇樹

    宮城秋菜

    松村雄基
 
 主題歌:岡本真夜  「TOMORROW」
posted by dramadaisuki at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ずっと逢いたかった。〜良かったです。

ずっと逢いたかった。


脚本が君塚良一、主演が松本幸四郎ということで、

期待して見ました。

蓋を開けたら、池内淳子に小野武彦などなどで豪華なキャスト。

結果は、予想通り、色々考えさせられる、

いいドラマでしたね。

最初に、仕事はリストラ、子供は引き蘢り、という

過酷な状況の村川(松本幸四郎)を見た時は、

先行きが不安でしたけど...。



60年前の勝一(玉山鉄二)の雪子(戸田恵梨香)への想いを、

いろんな人に出会いながら、必死で届けようとする村川の姿を軸に、

愛の尊さ、そして、戦争の愚かさや悲惨さを見事に描いていたと思います。

敢えて、直接的に戦争を取り上げないことによって、より心に響きました。



勝一の手紙に

「男が戦場に行き、女が不安な夜を過ごす、

そんなことが無くなる平和な世界で

子供達は育つことが出来るのでしょうか?」


という一文がありましたね。



最近は、「憲法9条改訂」が話題になっていますが、

現在だけじゃなく、50年後、100年後、

自分の子供達、孫達...とこの国の未来を守る為には、

「9条を守る」ことではないでしょうか?

60年間、平和が続いているのですから。



特に上手いなあと思ったのは、

勝一雪子に「赤い糸」の話をして、

指輪をはめるシーン。

感激しましたよ。


雪子(池内淳子)さんが亡くなったのは、

予想外でショックだったけど、

今際の際まで勝一(村川)を待っていたのかと思うと、

村川がリストラにあったのも、

全てはこの手紙を運ぶ為だったのかと思いました。


最後に、玉山君、格好良かったですね。

posted by dramadaisuki at 04:23| Comment(2) | TrackBack(1) | スペシャルドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月01日

1リットルの涙〜イントロ〜

10月11日スタート。

毎週火曜 21:00〜21:54(初回は21:00〜22:04)

フジテレビ系


同名ベストセラー小説をドラマ化した感動のヒューマンドラマ。

脊髄(せきずい)小脳変性症を発症し、病と闘う少女と彼女を支える家族や友人、

恋人たちの愛にあふれる日々を明るく描く。

主演は、「パッチギ!」「あいくるしい」で注目された沢尻エリカちゃん。



池内亜也(15)・・・沢尻エリカ

池内潮香(40)・・・薬師丸ひろ子

水野 宏(33)・・・藤木直人(特別出演)

池内瑞生(45)・・・陣内孝則

麻生遥斗(15)・・・錦戸亮

池内亜湖(13)・・・成海璃子

池内弘樹(11)・・・真田佑馬(ジャニーズJr)

池内理加(5) ・・・三好杏依

河本祐二(17)・・・松山ケンイチ

西野良三(30)・・・佐藤重幸

杉浦まり(15)・・・小出早織


原作は、木藤亜也「1リットルの涙」 (幻冬舎文庫)

脚本 は、「ナースのお仕事」「ごくせん2」などの江頭 美智留

     「君が想い出になる前に」の横田 理恵

     「フジテレビヤングシナリオ大賞」佳作受賞の大島 里美


主題歌は、 K 「Only Human」(Sony Music Records)

挿入歌は、レミオロメン「粉雪」(ビクタースピードスター)

公式ホームページは、こちらから。



脊髄小脳変性症とは、反射的にバランスをとり素早い滑らかな運動をするのに必要な小脳・脳幹・脊髄の神経細胞が変化し、徐々に消滅していくという進行性の難病。発症の原因は不明。発病すると体を動かす諸機能に症状が始まり、手や足を動かしたり、話したり、食べたりする機能が次々に消失。数年、10数後には寝たきりになり、最後には、呼吸運動の停止か衰弱による合併症のために、多くの場合、死亡する。〜フジテレビ公式ホームページより〜

posted by dramadaisuki at 18:10| Comment(2) | TrackBack(3) | 1リットルの涙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花より男子〜イントロ〜

10月21日スタート。

毎週金曜 22:00〜22:54

TBS系
 


累計4800万部を売り上げた同名コミックをドラマ化。

超金持ち名門高校に通う貧乏少女“つくし”が、

学園を牛耳る御曹司4人組=F4とぶつかり合い、

様々なトラブルに巻き込まれながらも、困難に負けずに

たくましく生きていく姿を描く痛快青春ラブストーリー。


95年には、内田有紀ちゃん主演で映画化もされ、

その後TVアニメ化もされている。<両方見ました(笑)>


台湾では、2001年に「流星花園」のタイトルで連続ドラマを放送。

登場人物の「F4」を演じた4人がグループを結成し、

そのまま「F4」としてデビュー。歌手デビューも果たし、

アジア各国で「F4」旋風を巻き起こしている。

日本の「新F4」ガンバレ!

 

牧野つくし・・・井上 真央

道明寺 司 ・・・松本 潤 (F4)

花沢 類  ・・・小栗 旬 (F4)

西門総二郎・・・松田 翔太(F4)

美作あきら・・・阿部 力 (F4)

三条 桜子 ・・・佐藤 めぐみ

松岡 優紀 ・・・西原 亜希

浅井百合子・・・瀬戸 早妃

鮎原えりか・・・深田 あき

山野美奈子・・・松岡 恵望子

藤堂 静  ・・・佐田 真由美

千石 幸代 ・・・加藤 貴子

牧野 晴男 ・・・小林 すすむ

牧野 進  ・・・冨浦 智嗣

牧野千恵子・・・石野 真子

道明寺 楓 ・・・加賀 まりこ




原作は、神尾葉子『花より男子』(集英社刊)

脚本は、共同脚本で、

「アタックNO.1」のサタケミキオ

「 東京ラブ・シネマ」(共同脚本)の藤本有紀

「OLヴィジュアル系」の高橋ナツコ

「東京ミチカ」や「女系家族」に脚本協力していた荒井修子

イメージソングは、

大塚愛・・・「プラネタリウム」(つくしのテーマ)

公式ホームページは、こちらから。

posted by dramadaisuki at 04:37| Comment(0) | TrackBack(2) | 花より男子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月30日

ブラザー☆ビート〜イントロ〜

10月13日スタート。

毎週木曜 21:00〜21:54(初回は21:00〜22:00)

TBS系


田中美佐子が5年ぶりに連ドラに帰って来た。

(TBSでは99年の『ママチャリ刑事』以来)

明るく好奇心旺盛な母親と、

イケメン息子達(玉山鉄二、速水もこみち、中尾明慶)が、

いつでも遠慮なく、”心の鼓動=本音”をぶつけ合う、

ホットなホームドラマ!

父親を交通事故で亡くしてからシングルを通している母と

息子達が巻き起こす数々の騒動とは...。

楽しくってアッタカイドラマ好き集まれ!


桜井春恵 ・・・田中美佐子(母・スーパーのパート)

桜井達也 ・・・玉山鉄二 (長男・広告代理店)

桜井陸  ・・・速水もこみち(次男・水泳インストラクター)

桜井純平 ・・・中尾明慶 (三男・専門学校生)
 
田村知里・・・ 国仲涼子

桜井勤  ・・・赤井英和

野口秀貴 ・・・生瀬勝久

 理絵 ・・・岡本綾

        浅見れいな

        金田明夫

        水嶋ヒロ

        大友みなみ


脚本は「青の時代」「若葉のころ」などを手がけた小松江里子

プロデューサーは、野島ドラマで有名な、伊藤一尋の夫婦コンビ。

主題歌と挿入歌は、あの Def Tech(デフテック)

主題歌・・・『Broken Hearts』

挿入歌・・・『My Way』

公式ホームページはこちらから。
posted by dramadaisuki at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラザー☆ビート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今夜ひとりのベッドで〜イントロ〜

10月20日スタート

毎週木曜 22:00〜22:54

TBS・毎日放送系


モッ君(本木雅弘)が9年ぶりのTBS連続ドラマ主演です。

妻役は、今年3クール連続でのドラマ出演となる瀬戸朝香ちゃん。

そして2人に近づく小悪魔的女役は、

久々の連続ドラマ復帰を果たす奥菜恵

さらには佐々木蔵之介要潤らと、注目の顔ぶれです。

世間の目やモラルを気にしながらも

恋せずにはいられない大人のラブストーリー。

ドラマのテーマは「孤独」。寂しい夜のお供にどうぞ。


友永明之・・・本木雅弘(グラフィックデザイナー)

友永友 ・・・瀬戸朝香(明之の妻・元小説家&
                 トラベルコーディネーター)

十文字梓・・・奥菜恵 (明之を誘惑する女・ガラス作家)

市ノ瀬了・・・要潤  (明之の異母弟・美容師)

玲子  ・・・羽田美智子(弁護士)

久住俊介・・・佐々木蔵之介(明之の親友・出版編集者)


脚本は「砂の器」「白い影」などを手がけた龍居由佳里

演出は「男女7人夏物語」「3年B組金八先生」などから、

最近では、「ビューティフルライフ」「オレンジデイズ」を

手がけた生野慈朗

そして、主題歌は、ポルノグラフィティ 「ジョバイロ」

公式ホームページはこちらから。
posted by dramadaisuki at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 今夜ひとりのベッドで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新ドラマ・予想 総合ランキング

お待たせしました。

勝手に予想する

新ドラマ・総合ベストテン!

これで決まり!!


第一位(18ポイント)・・・あいのうた

第一位(18ポイント)・・・今夜ひとりのベッドで

第三位(16ポイント)・・・ブラザー☆ビート

第五位(14ポイント)・・・1リットルの涙

第六位(11ポイント)・・・熟年離婚

第七位( 8ポイント)・・・恋の時間

第八位( 6ポイント)・・・花より男子

第九位( 5ポイント)・・・危険なアネキ

第九位( 5ポイント)・・・風のハルカ


予想ランキング(キャスト編)・

予想ランキング(スタッフ編)から以上のように決まりました。

何を見たら良いか?迷ったら、参考にして下さいね。

皆さんのご意見もお待ちしています。










posted by dramadaisuki at 17:46| Comment(2) | TrackBack(1) | ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

卑弥呼と宝石〜ダイヤモンドの恋〜

第5週

邪魔者の恵里(松尾れい子)も身を引いて、

いよいよ進展しそうな二人。

キッスまでいくかと思えば、

警備員・(芦屋小雁)が2度も邪魔するし、

歯痒いですね〜。

一方、廉太郎(宍戸錠)と登紀子(加賀まりこ)は、

着々と歩を進めているようで、

誰の恋物語かわかりませんね。

敏造(曽我廼家文童)さんは、

予想通り、大きな仕事をやってくれましたね。

来週もがんばれ!って感じです。

卑弥呼=尊敬できる女性=理想の女性

という意見には大賛成です。

やはり、男も女もお互いに尊敬できる関係が大事だと

私も思います。
posted by dramadaisuki at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイヤモンドの恋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月29日

新ドラマ・予想ランキング(スタッフ編)

スタッフ(主に脚本家)から予想する

新ドラマベスト10

第一位・・・今夜ひとりのベッドで 脚本=龍居由佳里
                
                「星の金貨」から始まり「白い影」

                「 愛なんていらねえよ、夏」など

                 いい作品ばかり、

                 今回もおおいに期待できますね。

                 プロデュースは、あの生野慈朗。


第二位・・・あいのうた    脚本=岡田惠和 

               最近は名前を見ただけで

               期待しちゃう。

               もう立派な大御所ですかね。

               「若者のすべて」の頃が懐かしい。


第三位・・・1リットルの涙  原作=木藤亜也、

               脚本=江頭美智留ほか 

              「電池が切れるまで」が

               評価されたんでしょうね。

               原作も良さそうですし、

               きっと泣かされっぱなしでしょう。


第四位・・・恋の時間     脚本=吉田紀子

              「君と出逢ってから」

               のような恋愛物から

              「末っ子長男姉三人」のような

               ホームドラマまで幅広く手がけてる。

               倉本聡さんの弟子だけに腕は確か。


第五位・・・ブラザー☆ビート  脚本=小松江里子 

               「金スマ」が始まるまでは、

                堂本剛とタッグを組んで

                金曜9時が指定席状態でした。

                最近では「バツ彼」が良かった。

                お気に入り脚本家の一人です。


第六位・・・風のハルカ     脚本= 大森美香 

               「カバチタレ!」

               「ロング・ラブレター〜漂流教室」など

                原作付きの作品がヒット。

               「不機嫌なジーン」はあまり視聴率

                良くなかったようですが、

                私は気に入ってました。

                NHKでブレイクするか?


第七位・・・熟年離婚     脚本= 橋本裕志 

              「ウォーターボーイズ」

              「ショムニ」シリーズなど

               明るい作品が多かったが、

              「Mの悲劇」に続いて

               新ジャンル開拓か?


第八位・・・危険なアネキ   脚本=金子茂樹 

               昨年のフジテレビヤングシナリオ大賞

               でデビューされたようですが、

               残念ながら、作品を見てないんです。

               今回が試金石となるでしょうね。

               未知数の魅力に期待しましょう。


第九位・・・鬼嫁日記     原作=カズマ、脚本=尾崎将也 

               微妙な作品が多い気がする。

              「Age,35 恋しくて」や

              「二千年の恋」が好きでした。

               って、これ、共同脚本か...。
              
               ネット原作で「電車男」に続け!


第十位・・・花より男子   原作=神尾葉子、

              脚本=サタケミキオほか 

              舞台脚本家で役者って

              クドカン(宮藤官九郎)みたいだけど、

             「アタックNo1」

              以来のテレビドラマだそうで、

              今イチ良くわからない。

              共同脚本の 藤本有紀

             「ラブレボリューション」の腕に期待!


以上、ランキング入りできなかった脚本家の方々、ごめんなさい。
posted by dramadaisuki at 11:50| Comment(2) | TrackBack(0) | ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新ドラマ・予想ランキング(キャスト編)

キャストから勝手に予想する

新ドラマベスト10!

第一位・・・ブラザー☆ビート  田中美佐子が帰って来た〜

                そして、

                玉山鉄二&速水もこみちコンビ。

                えりぃ〜(国仲涼子)もいるよ。

                脇は、赤井英和と生瀬勝久が

                固める。


第二位・・・あいのうた     玉置浩二が帰って来た。

                菅ちゃん(菅野美穂)や成宮寛貴。

                脇は小日向文世に和久井映見。


第三位・・・今夜ひとりのベッドで  本木雅弘&瀬戸朝香

                  奥菜恵&要潤って、

                  いわゆるトレンディードラマ

                  でしょ。

                  猫背椿と佐々木蔵之介が

                  いい味出す筈。


第四位・・・熟年離婚        渡哲也&松坂慶子に

                  高島礼子&徳重聡&桜井幸子。

                  そして、西村雅彦って

                  豪華すぎない?


第五位・・・1リットルの涙     今、注目の沢尻エリカ主演。

                  藤木直人&薬師丸ひろ子

                  に陣内孝則で期待できる。

                  そうそう、瑠璃(成海璃子)と

                  錦戸亮も出るらしい。


第六位・・・花より男子       久々、連ドラは

                  「ホームドラマ」以来?

                  の茜ちゃん(井上真央)主演。

                  それだけでワクワクしちゃう。

                  松本潤、小栗旬もガンバレ!


第七位・・・野ブタ。        亀梨和也&山下智久の

       をプロデュース    ジャニーズコンビ

                  に堀北真希&戸田恵梨香の

                  可愛い二人。

                  そして、清志郎(忌野清志郎)

                  に会えるのが楽しみ!


第八位・・・女刑事みずき      浅野ゆう子が筧利夫と刑事役。

      〜京都洛西署物語〜   周りも小林稔侍、佐野史郎、

                  高畑淳子、

                  小倉久寛、松重豊って

                  すごいね。


第九位・・・危険なアネキ      伊東美咲と森山未來の

                  新コンビに期待。

                  濱田マリがお笑い担当か?


第十位・・・恋の時間        宮迫が相手なのが

                  気に入らないけど、

                  黒木瞳さんの

                  日曜劇場ですから...。

以上、ランキング入りしなかった番組はごめんなさい。          
posted by dramadaisuki at 02:50| Comment(0) | TrackBack(2) | ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月28日

小悪魔な女になる方法

銀座のママ、麗子(松坂慶子)が教える

小悪魔ポイント

1、モテル女は男好きである。

2、モテル女は褒め上手。

3、「まつ毛にゴミが」と軽くボディタッチ。

4、突然サラッと誘ってみる。

5、「次はいつ会える?」は男性に言わせる。

6、体は見せても過去は見せない。

7、ヒマは確実に女をくすませる。

8、嫉妬をあおれば男は追いかけてくる。

9、「甘え」はサービスである。

なんて色々伝授してくれましたが、

松坂さん太りました?年ですかね。

「愛の水中花」の頃が懐かしいですね。


中身は、今流行の負け犬向けドラマで

可もなく不可もなく、

たいした事なかったですね。

「おっ」と思ったのは、

麗子の「恋の後悔ほど役に立たないものはない!」

の台詞ですかね。(後悔だらけの私としては)


とにかく、主役が青木さやか(ナツキ役)というのが失敗。

人気があってもお笑いはお笑いですから。

他の女優を使っていれば、

裏番組のズバリ言うオバ様にも勝てたのに。


可哀想なのは細川茂樹(堀部役)ですよ。

ミドリ(奥菜 恵)よりナツキ(青木さやか)を選ぶ役で、

最後には青木を抱きしめるシーンまである始末。

しかし、二枚目の考える事はわからないですね。

青木、せめて歯を白くしようよ。

posted by dramadaisuki at 23:31| Comment(2) | TrackBack(2) | スペシャルドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。