2005年10月10日

電車男〜もうひとつの最終回スペシャル

電車男が掲示板に現れる前に話題になっていた

「ギター男」は、松永(劇団ひとり)だった。

そんなイントロから始まったアナザーストーリー。

「木更津キャッツアイ」でいう裏の攻撃ですね。

なかなか楽しめましたよ。

牛島(六角精児)が通うスナックが

華阪神=下半身?

だったり、

ティファニー役がソニンってハマりすぎでしょ。

まるで、本物みたいでした。

(EE JUMP解散してからバイトでもしてたのかな?)

とにかく、秋葉系に元気を与える内容で、

最後には、松永牛島も電車に続いて彼女ができちゃったりして、

めでたし、めでたしで楽しい作品でしたね。
posted by dramadaisuki at 02:36| Comment(0) | TrackBack(3) | 電車男 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月23日

電車男の旅立ち

電車男

最終話

沙織(伊東美咲)は、剛司(伊藤淳史)の最後の頼みで

Aチャンネルの掲示板を読み始める。

そして、掲示板の中の剛司を知ることになる。

これって、ずるいですよね。

下手に言葉で告白するよりも効果がありそうですよね。

わたしは、貴女がこんなに好きで、

その為にこんなに悩んで、こんなに努力しています。

と代弁してくれるのですから。

私も使ってみたいですよ。(笑)


最終的に二人が結ばれることは、

原作が話題になった時に知っていましたので、

残念ながら、あまり感動しませんでしたが、

ネットの住人達が残り1000レスを争うように

剛司へのエールを送るシーンは良かったですね。


桜井(豊原功補)は最後まで三枚目に徹して、

妄想シーンは最高でしたね。

あと、マチルダさんの小ネタも笑えました。

もちろん、黒木(佐藤二朗)の失恋レストランは最高!



陣釜(白石美帆)は良い人になるのかなあ?と思わせておいて、

最後の最後にやってくれましたね。

白石美帆の私生活を想像させられました。

清純な役ってもう来ないだろうなあ。(笑)


作品としては、とにかく笑えたし、

二人の恋もネットの住人と一緒に

見守る事が出来て良かったと思います。

スペシャルは松永(劇団ひとり)やネットの住人を

中心に描くらしいので、

これも楽しみですね。


posted by dramadaisuki at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 電車男 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。