2006年03月05日

恋する二人急接近〜東京ラブ・シネマ〜

学園祭とか仕事のイベントとか

自分たちで作り上げたイベントが

成功した時の気持ち良さって忘れられないですよね。

そんな、

「湯けむり映画祭」ですが、

真先(江口洋介)たちが川村(大高洋夫)を助けて

手作りの映画祭を成功に導く

美しいですね。

なんとか来年も開催されることを祈っております。


“二人で酒を飲む”

ってやっぱり気になる人と

お近づきになる一番の方法ですよね。

案の定、急接近した真先と晴子(財前直見)なんだけど、

まだ、4話目で早すぎない?

って思うのは私だけ?


駅のホームで、吉成(宮迫博之)、理紗(伊東美咲)、

麻子(白石美帆)、日向(玉山鉄二)たちが

二人の熱々ぶりに後ずさりするシーンは

最高楽しかったよ!





ランキングに参加しています。

下のマークをボヤッキーみたいにポチッとな。<(_ _*)> アリガトォ

banner2.gif

posted by dramadaisuki at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 再放送ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

定番の安心感〜東京ラブ・シネマ〜

今、「東京ラブ・シネマ」にハマってます。

(本放送の時に見られなかったので、初見なんです。)

財前直見は結構好きなんです。

(スチュワーデス刑事終わっちゃって残念ですね。)

彼女らしい向こう気が強いキャラを演じてるのがいいですね。

相手役の江口洋介とは、

会う度に言い合ったりして、

“喧嘩する程仲がいい”の恋愛ドラマ定番の関係。

でも、恋愛ドラマ中毒の私には、

この「喧嘩ばっかりしてても、最後はくっ付くんだろうなあ」

という安心感が見ていて、とても気持ちいいんです。

玉山(鉄二)くんもなんだか初々しくて、可愛いです。

私はガンダムに詳しくないんですけど、

今日は、マチルダさんの話とか出てきて、そういうのもなんかいい感じです。


題材になっている映画の買い付けの仕事は、

あまり取り上げられることの無い、身近ではないテーマですけど、

一度、「タモリ倶楽部」でその職業の方達を集めて話を伺う企画があり、

あの映画「アメリ」は、安く買い付けてきて、

予想以上に大ヒットしたという話をされていました。

それ以来、ハリウッドのような大きなマーケットではない所から宝を見つけて、

持ち帰るようなバイヤーの仕事にとても興味をもっていたのでジャストミートってとこです。


荒川良々のボケっぷりもマルです。

脚本は『ラブレボリューション』の藤本有紀だし、

主題歌は大滝詠一の『恋するふたり』でナイアガラワールド全開で、

って、再放送でこんなにはしゃいじゃってゴメンナサイ。

上條恒彦さんってやっぱりいい声ですねえ。


ランキングに参加しています。

下のマークをボヤッキーみたいにポチッとな。<(_ _*)> アリガトォ

banner2.gif
posted by dramadaisuki at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 再放送ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。